シワ

冬はシワが目立つ……? 寒くなると深くなるシワの原因と対策方法

肌が老化しやすい季節といえば、紫外線が強い夏を思い浮かべがちですが、寒さが厳しい冬も肌が老けやすい季節です。とくに、今肌に刻まれている「シワ」が目立ちやすくなり、さらに新しいシワも出現しやすくなります。
寒さとシワには、一体どのような関係があるのでしょうか? そして、冬に深くなってしまうシワには、どのような対処をすればいいのでしょうか。
今回は、冬にシワが目立つ理由と、対策方法をご紹介いたします。

冬にシワが深くなってしまうのはなぜ?

冬の乾いた空気は、肌からうるおいをどんどん奪っていきます。それに加えて、室内で使うエアコンやストーブなどの暖房機器も肌の乾燥に拍車をかけます。
洗濯物が乾くとシワが目立ちやすくなるのと同じで、水分が失われた肌にはシワがくっきりと目立ちやすくなってしまうのです。乾燥肌に深く刻まれたシワをそのままにすると、肌の老化もどんどん進んでしまうため注意が必要です。
また、冬の肌の乾燥に加え、冬ならではの冷えも肌に悪影響を及ぼします。
寒さで体が冷えて血流が低下すると、肌に十分な栄養が行き渡らなくなり、新陳代謝のサイクルも低下します。すると肌の弾力やハリはどんどん失われていき、肌の老化が加速してしまうのです。

冬はしっかりと保湿ケアをしてシワを防ごう!

乾いた空気や暖房などの影響で乾燥しやすい冬の肌。乾燥によるシワを防ぐためには、しっかりと保湿ケアを行うことが大切です。
とくに、お風呂上がりの温まった肌からは、刻一刻と水分が失われていきます。お風呂から上がったあとは1秒でも早く化粧水をつけ、スピーディーに保湿ケアに取りかかりましょう。化粧水をたっぷりとなじませたあとは、シワ対策の美容液を取り入れるのもおすすめです。最後は乳液でしっかりフタをして、さらに乾燥が気になるときには保湿クリームも伸ばしてみましょう。
また、外出中の肌の乾燥を防ぐためには、携帯できる保湿ミストを持ち歩くのもおすすめです。肌の乾燥を感じる前にシュッとひと吹きして肌になじませ、余分な水分をティッシュオフすると水分の蒸発を防ぐことができます。余力があるときには、乳液やクリームを上から塗りましょう。

冬の冷えや紫外線もしっかりブロックして

紫外線は、肌にシワを作る原因のひとつです。冬は日差しが弱いため、つい紫外線対策を怠りがちですが、実は冬も紫外線は降り注いでいます。外出する際には、日焼け止めの役割を持つ化粧下地やファンデーションなどを塗って紫外線をブロックしましょう。
また、体の冷えは体内サイクルの乱すため、体を意識的に温めることも重要です。
体を冷やさないよう冷たい飲み物や食べ物を極力避け、体を温めるものを摂取しましょう。生姜や香辛料などを使った料理がおすすめです。体を内側から温めるためにも、夜は湯船に浸かってゆっくりと半身浴をしましょう。
さらに、冬の乾きやすい体には、こまめな水分補給も必要です。白湯や温かいお茶、生姜湯などをこまめに飲んで、体の内側からの乾燥も防ぐことが大切です。

冬はシワが目立つ……? 寒くなると深くなるシワの原因と対策方法

これまでは小さなシワだったのものが、寄せ集まって大きく深いシワになってしまうという危険もあります。冬は肌の老化を進める上に、手遅れの状態を作る危険な季節なのです。
そんな冬ならではの肌トラブルを避けるためには、セルフケアに加えて美容クリニックの施術を受けるのもおすすめです。
気になる小ジワを治療しておくことで、深く目立つシワを防ぐことができます。
「サーマクールCPT」は、切らずに小ジワを改善してくれる大人気の治療法です。従来のサーマクールよりも大幅に傷みを軽減し、安心して治療を受けることができます。
若々しくハリのある肌をキープして春を迎えるためにも、ぜひ冬のうちに一度ご来店ください。