たるみ

疲れ目も原因になる!? 目の下にたるみができる原因とは?

目の下のたるみは顔の印象を大きく変えてしまいます。
目の下のたるみは、シミやしわと並んで、顔の印象を変える原因のひとつです。目元は目に入りやすいので、特に気になる方も多いのではないでしょうか?
では、目の下がたるんでしまうのは何が原因なのでしょうか? このページでは目の下がたるんでしまう原因と対策を紹介します。

たるみの原因① 目元の筋肉の衰え

加齢によって体の筋肉だけでなく、顔の筋肉も衰えます。顔には表情筋という筋肉があり、その筋肉によって顔全体が支えられています。
この表情筋が衰えてしまうと皮膚が重力に逆らえなくなり、目の下がたるんでしまうというわけです。このような、筋力の衰えが原因の目の下のたるみの場合は、目の周りの筋肉を鍛えることが有効です。体の筋肉が衰えたら筋トレをして鍛えるのと同じように、顔の筋肉であっても筋トレをして鍛えます。

しかし、目の周りの筋肉は日常ではほとんど使うことがありませんよね。ところが、実は意外と簡単に目の下の筋肉鍛える方法があります。
それは下まぶたの筋トレです。下まぶたの筋肉を鍛えるのはとても簡単です。下まぶただけを使って目を閉じるイメージで下まぶたを引き上げます。まぶしい表情をつくって持ちあげるイメージです。これを疲れるまで繰り返します。たったこれだけで下まぶたの筋トレができます。

たるみの原因② 肌の乾燥

次に肌の乾燥です。目の周りが乾燥すると、ハリが失われて一時的に皮膚がたるんでしまいます。目の周りの乾燥にはさまざまな理由がありますが、加齢によって肌の中のヒアルロン酸やコラーゲンが減少してしまうことが原因のひとつとしてあげられます。
目の周りの乾燥を放置すると、目の下のたるみが元に戻りにくくなる可能性も否定できません。
目の下のたるみや乾燥に気づいたら早めに保湿ケアすることが重要です。

たるみの原因③ 疲れ

最後に疲れ目が原因の目の下のたるみについてです。パソコンやスマートフォンなどの画面を見続けていると、眼精疲労を起こしてしまう場合があります。眼精疲労は、目の周りの筋肉が凝り固まってしまい、目の周りの血行不良を引き起こす要因のひとつです。

血行不良が慢性的に続いてしまうと、目の下のたるみが進行してしまいます。目が疲れていると感じたら、パソコンやスマホの操作に休憩をはさんだり、蒸しタオルなどで目の周りを温めたりすることで、できるだけ疲れ目にならないよう心掛けましょう。

目の下のたるみをすぐに治したいときは?

肌ケアをする女性

一度目の下のたるみを感じてしまうと、日々のケアや心掛けだけではなかなか効果があらわれにくいかもしれません。さらに、一度たるんでしまった皮膚を元に戻すというのは自分だけの力では難しいところでもあります。
ご自身のケアだけでは不十分だと感じる場合、美容クリニックでの治療を検討してみてはいかがでしょうか。自宅ではできない特別なケアを受けることができますよ。