たるみ

ほうれい線は「頬のたるみ」によって生まれる!? この2つの関係とは

ほうれい線があるだけで、人の顔は5歳以上も老けて見えるといわれています。
そんなほうれい線を引き起こす一番の要因は、「頬のたるみ」ということをご存じでしょうか。意外と知られていないほうれい線の正体を、対策方法とあわせてご紹介します。

ほうれい線はシワじゃない!?

ほうれい線というと「顔にできるシワ」をイメージする方が多いかもしれませんが、必ずしもシワができているわけではありません。
試しに、頬に空気を入れてパンパンにふくらませてみましょう。普通の表情のときにほうれい線があった人も、頬をふくらませるとほうれい線が消えたのではないでしょうか。

頬をふくらませることで皮膚のたるみが引き伸ばされたため。つまりほうれい線はシワではなく、頬のたるみによって発生する「皮膚の溝」のことを指します。

しかし「シワじゃないなら良かった」と安心することもできません。たとえシワでなくても、ほうれい線があるということは、頬がたるんで老化が進んでいる証拠となります。

頬のたるみが進むとほうれい線も濃くなる

頬のたるみが進行すると、ほうれい線はますます濃くなっていきます。それどころか、皮膚の溝が深くなることで、消えないシワまで刻まれるようになります。
ほうれい線を今以上濃くしないためには、頬のたるみを防ぐことが先決です。

頬のたるみを引き起こす原因

以上を踏まえた上で、頬のたるみを引き起こす原因を、それぞれの対策方法とあわせて見ていきましょう。

乾燥

肌が乾燥するとハリが失われて、たるみやすくなります。
保湿効果の高いセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸が配合された化粧品で、こまめなお手入れを心がけましょう。

紫外線

紫外線は肌内部のコラーゲンやエラスチンを破壊し、弾力を低下させます。
日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子を利用するなどのUV対策を徹底しましょう。

表情筋の衰え

顔の筋肉が衰えると、その上にある皮膚や脂肪が支えきれなくなり、ほうれい線が濃くなってしまいます。
顔ヨガやフェイスエクササイズを取り入れて、表情筋を鍛えることが大切です。

悪い姿勢

猫背など、悪い姿勢がクセになっていると顔の皮膚が下に引っ張られ、たるみやすくなります。
気がつくたびに背筋を伸ばし、できるだけ良い姿勢を保つようにしましょう。

むくみ

顔がむくむと余分な水分で皮膚が伸びて、たるみが進行してしまいます。
塩分やアルコールをとりすぎないよう気をつけたり、リンパマッサージをしてむくみを解消しましょう。

むくみ

以上、ほうれい線と頬のたるみの関係についてお伝えしました。
ほうれい線の原因は多く、スキンケアだけでは対策として不十分です。
生活習慣の見直しなど、総合的な対策をおこなっていき、ほうれい線のない若々しい顔を保っていきましょう。