赤ら顔 | ニキビ、たるみ、しわ、しみの肌の悩みならクリニックビザリア銀座 東京

診療時間
10:00~19:00

0120-625-257

赤ら顔

赤ら顔

顔に赤みがでる疾患にも酒さ、ニキビ、脂漏性皮膚炎、酒さ様皮膚炎、慢性湿疹など原因はさまざまです。
疾患によって治療法も異なるので、皮膚科専門医にご相談ください。狭義の赤ら顔とは酒さのことをさします。

赤ら顔の悩み

中年以降、顔の皮脂腺の異常増殖に伴い肌に赤みや毛細血管拡張がでてくる疾患です。特に頬や鼻周囲などの血管拡張が目立って赤くなった状態を「赤ら顔」と呼びます。
その主な原因として、

  1. 誤ったスキンケア
  2. 気温、湿度の変化
  3. 摩擦刺激
  4. 心理的ストレス・ホルモンバランスの変化
  5. アルコールや香辛料などの過剰摂取

などが挙げられ、紛らわしい疾患として尋常性ざ瘡(ニキビ)、脂漏性皮膚炎、酒さ様皮膚炎などがあります。
近年では誤ったスキンケア、化粧品の進化で敏感肌の方が急増しています。強めのクレンジング剤の使用や洗顔時の摩擦刺激により皮膚バリア機能が低下し、温度変化や乾燥など外界の変化に対して肌がデリケートな状態になっています。
まずは赤ら顔の原因をつきとめ、適切な治療法とスキンケアの見直しが必要になります。

こんな方にオススメです。

  • 鼻の下に血管の拡張がある。
  • 皮膚が薄くて頬の赤みが気になる。
  • 鼻や頬の赤みが強い。
  • 寒くなると顔が赤くなりやすい。
  • 顔の赤みでのぼせたようにみえる。

当院での赤ら顔の治療のポイント

当院では保険診療では改善しない血管拡張に対してe-Plus(SR/SRA)による光治療あるいはプラズマカーボンピーリングを行います。また、スキンケアの見直し(特にクレンジング・洗顔)とドクターズコスメをおすすめしています。

血管拡張と併せてシミ治療、美白効果も求められる方
  • ePlus(SR/SRA)+イオン導入・超音波導入(エンビロンフェイシャルトリートメント)
  • レーザージェネシス
  • レーザートーニング/プラズマカーボンピーリング

PAGETOP

Copyright© Clinic Bizarria ginza. All Rights Reserved.