シミ・そばかす・肝斑 | ニキビ、たるみ、しわ、しみの肌の悩みならクリニックビザリア銀座 東京

診療時間
10:00~19:00

0120-625-257

しみ、しわ、たるみ、ニキビ、肌質改善に効果があります。

シミ・そばかす・肝斑

表皮内にメラニン色素が蓄積されると色素沈着となり、皮膚の色調が局所的に濃くなった状態を「シミ」と呼びます。通常、メラニン色素は皮膚のターンオーバーにより自然に体外へ排泄されるのですが、紫外線によるダメージの蓄積、加齢やホルモンの影響、新陳代謝の低下などが要因となります。

シミ・そばかす

シミは大きく下記のように分類されます。シミの種類によって施術内容、施術回数、その後の経過が若干異なります。
皮膚科専門医がシミの診断を行い、適切な治療についてご説明いたします。

シミの悩み

大きなシミが一つあるだけで憂鬱になりませんか? また「ここにシミがなければもっと若々しく見えるのに…」「小さなころから鼻や頬のそばかすがコンプレックス…」「最近、肌がどんよりくすんで見える…」と、肌に関するお悩みは尽きません。
シミとは皮膚の色調が局所的に濃くなった状態で、一般にシミと呼ばれる輪郭がはっきりした老人性色素斑が代表的ですが、それ以外にも、頬などに左右対称に広がる肝斑(かんぱん)、10代から鼻や頬に細かくできる雀卵斑(そばかす)、ニキビや皮膚炎後などに生じる炎症後色素沈着、とさまざまな種類があります。
シミの治療には大きく光治療とレーザー治療がありますが、シミによって治療への反応性、ダウンタイム、通院回数、再発の有無などが若干異なります。カウンセリングでご相談の上、ライフスタイルに合った最適な施術をご提案いたします。

こんな方にオススメです。

  • シミのせいで老けて見える
  • 日焼け後のシミがなかなか消えない
  • 肌のくすみを感じる
  • シミを隠そうと、メイクが厚塗りになってしまう
  • シミやそばかすが増え、濃くなってきた
  • コンシーラーでシミが隠れない
  • ニキビの後でくすみが残った

シミの種類

①老人性色素斑
主に中年以降(早くて20代)の顔や上肢の露光部に出現する境界のはっきりした褐色のシミです。光治療、レーザー治療によく反応します。
②脂漏性角化症
中年以降、出現するイボ状の良性腫瘍で老化現象の一つ。褐色から黒色で徐々に隆起してきます。皮膚がん(基底細胞癌や悪性黒色腫など)と紛らわしいことがあるため、ダーモスコピーと呼ばれる拡大鏡を使います。炭酸ガスレーザーで治療します。
③雀卵斑(そばかす)
多くは遺伝性で13歳以上で初発し、女性で多くみられるシミ。シミの原因であるメラニン色素をつくる機能が亢進する色素失調の一つ。顔面正中部(鼻、頬)を中心として左右対称に数ミリの細かいシミが多発します。レーザーや光治療によく反応しますが、再発することが多いのが特徴です。
④後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)
病変が真皮と呼ばれる深い部位にあるため、レーザー治療が必要ですが、肝斑との合併例も多いです。
⑤肝斑
20-30代女性の発症が多く、両頬、口唇上部などに薄いシミとして出現します。後に癒合して肝臓のような形の斑となります。妊娠や避妊薬の内服を契機に発症したり、紫外線暴露や化粧による摩擦刺激により増悪することが多いです。光治療やレーザー治療を行うと肝斑が増悪することがあります。
⑥炎症後色素沈着
ニキビや皮膚炎の後にくすんだ色が残ります。顔であれば通常半年から一年で落ち着くことが多いですが、炎症が高度であったり、紫外線に暴露されたりすると長引くことがあります。

当院でのシミ治療のポイント

シミ治療において特に問題となるのは肝斑や皮膚がんの合併例になります。施術前のカウンセリングが重要となりますのでメイクを落としていただき、スキンアナライザー、ダーモスコピー、診察にて評価いたします。
当院では最新のフォトRF機器のe-Plus(SR/SRA)とQスイッチレーザーを用いて治療を行います。
基礎疾患やアレルギーなどで特に問題がなければ、基本的にビタミンC、E、トラネキサム酸の内服を推奨します。

また、自宅でも行えるシミ治療としてトレチノイン・ハイドロキノン療法(東大式)も行っています。皮膚のターンオーバーの促進・シミ抑制・小じわ・毛穴トラブル改善・にきび改善などが期待できます。肌質に応じて濃度を調節することができ刺激を軽減できます。

光治療もレーザー治療も未経験の方
  • e-Plus(SR)+イオン導入・超音波導入(エンビロンフェイシャルトリートメント)
IPLやe-Plus(SR)を何度も経験され、より強い美白効果を希望される方
  • e-Plus(SRA)+イオン導入・超音波導入(エンビロンフェイシャルトリートメント)
光治療では改善しにくい薄いシミ(老人性色素斑やADM)をしっかり治療したい方
  • Qスイッチレーザー
隆起したイボ状のしこり(脂漏性角化症)を治療したい方
  • 炭酸ガスレーザー
肌のクスミ、スキントーンを明るくし、全体的な美白治療を希望される方(特に敏感肌)
  • ラックトリートメント(乳酸イオン導入)+イオン導入・超音波導入(エンビロンフェイシャルトリートメント)

*e-Plus(SR/SRA)やピーリングの治療効果を格段にあげる基本オプションとして抗酸化ビタミンのイオン導入・超音波導入(エンビロンフェイシャルトリートメント)をおすすめしています。

 

多くのしみは紫外線が主な原因で、紫外線対策や美白化粧品によってある程度はしみを薄くすることができます。でも、肝斑の治療は他の種類のしみと合併していることも多く、一方のしみには効果があっても、肝斑が悪化してしまうことも十分にありえますので、経験豊富な医師にご相談されることをオススメします。

肝斑の悩み肝斑

肝臓に形が似ていることから「肝斑」と呼ばれる難治性のシミの1つです。左右対称に頬、口の上、額などに輪郭のはっきりしない癒合性のシミが広範囲にできるのが特徴です。 また、生理などの体調の変化に伴って急に色が濃くなる場合があります。一般的に30~40代のアジア人女性に多く見られます。肝斑(かんぱん)の原因は明らかではありませんが、皮膚バリア機能の破たんが大きな要因と考えられますので、メイク落とし・洗顔・UVカットなどのスキンケアの見直しが必要となります。

こんな方にオススメです。

  • 頬骨、額などにシミが広がってできている。
  • 生理前やストレスでシミが濃くなる。
  • シミが左右対称にできている。
  • 光治療やレーザー治療を受けたらシミが濃くなった。

当院での肝斑治療のポイント

肝斑の治療方法としてはトラネキサム酸の内服、スキンケアの改善が基本となります。保存的治療として抗酸化ビタミンやトラネキサム酸のイオン導入・超音波導入を行っています。イオン導入は痛みを伴わず、肌への負担が少ない低侵襲で誰もが繰り返しやすい治療です。
抗酸化ビタミン(A、C、E)のイオン導入は、特にシミ、くすみ、肝斑が気になる方やニキビ後の色素沈着が気になる方、美白効果やアンチエイジングには非常に有効な治療です。
また、トラネキサム酸の内服が困難な方もイオン導入や超音波導入により肌へトラネキサム酸を導入することが可能で、抗炎症作用や美白効果が期待できるために肝斑治療やシミ、くすみ治療におすすめです。
上記の保存的治療を行い改善が乏しい方にはレーザートーニングやプラズマカーボンピーリングを行います。
レーザートーニングは低出力でレーザー光を顔全体に照射することで、活性化したメラノサイトの機能を抑制したり、シミの排出を促進したりすることで色素性病変を少しずつ薄くしていく治療です。
プラズマカーボンピーリングでは特殊な泥状のジェルを顔全体に塗布し、低出力のレーザー光を照射するとプラズマが発生し、肝斑治療以外にも毛穴のひきしめ、角栓除去、くすみ改善、ニキビの赤み、赤ら顔などに効果があります。

肝斑治療をしっかり行っているが改善が乏しく追加治療をしたい方
  • ラックトリートメント(乳酸イオン導入)+超音波導入(トラネキサム酸)
  • レーザートーニング/プラズマカーボンピーリング

PAGETOP

Copyright© Clinic Bizarria ginza. All Rights Reserved.